スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRB指数の堅調・・・

入電は、コーン1.0セント安390.50セント、大豆2.00セント高913.00セント。

 本日の穀物市場に大きな変動はなかった。アルゼンチン政府と農家の対立が伝わり、まだこの件に一件落着のメドは立っていない模様。やや底打ち感の漂う場面だけに少なからず無視できない材料と受け止められている。
 外部要因としては株式市場の行方も注目されるところ。昨晩発表の米2月住宅着工件数は前月比でマイナス予想が一転プラスに切り返し・・・・。ダウが上昇、CRB指数も明確に上っ放れ。明朝のFOMCの結果待ちだが、政策金利は据え置き予想、議長発言に注目が集まる。長期国債の買い入れに明言するかどうか・・・。今のところ具体策は出ないとの見方が有力。今日のところは、株高・ドル安(対ユーロ)といったところ。穀物市場にはフォローの風か・・・。

 ユーロ/ドルのチャートは右肩上がりとなり現在ファンド売り越しのユーロは一気に買戻しも・・・・・おそらくクロス円がつれ高となれば、ドル安でも対円では買われる公算が大きいと思う。となれば唯一ドル円で売り越しているドルの買い戻しもあり得る。

↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村

↓自宅で学べるオンラインセミナー(無料)。
オンラインセミナーお申し込み

↓セミナー情報
セミナー情報

↓プレミアムクラブ(情報満載)
プレミアムクラブ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/65-ecfb8eac

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。