スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び上値トライ・・・

本日の東京コーン大引けは730円高の19,840円、大豆は580円高の35,210円。
先週木曜日の戻り高値19,920円に迫る19,900円を一時つけている。

 ちょうど先週の木曜日と似たようなコメントとなるが、先限引継ぎチャートでは1月6日の年初来高値20,110円を伺う展開となっている。この上値抵抗線突破へ2度目のトライ。
ここを突破するとA:Bの同幅上昇(E計算値)25,360円が次なるターゲットか。
その付近には昨年10月急落時のマドが存在する。

 本日の話題は中国の国会に該当する全人代が開幕となり、予定通り8%成長の目標が掲げられた模様。
注目したいのは、やはり金融破綻から12年ぶりに7000ドル割れたNYダウに対して逆相関が成り立つかどうか。
これまでのBDI(バルチックドライインデックス)の上昇に出遅れていたBPI(パナマックス指数)の高騰が目立ってきたことで、穀物市場においてはフォローの風が吹いている。中国市場との関連も無視できないと思う。本日の株式市場は全般に堅調だったが、当面外部要因としては弱気の米国と期待される中国市場に注意を払いたい。
 そろそろ買いポジションを持ちたい頃か・・・・。
一目均衡表・転換線とは1,000円ほど乖離しているが、この状況だと転換線の急上昇がありそう。相場がその上に位置した場合は相場に勢いも出やすい。

↓先物ブログ村クリックお願いします
にほんブログ村

お知らせ
週末土曜に渋谷で相場勉強会を開催しますので覗いて見て下さい。
セミナーはこちら

プレミアムクラブはこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/44-f7dd74b1

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。