スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出口戦略と中国金融引締めで

週末の米雇用統計は、やや改善予想ですが




もしかしたら雇用者プラスに転じる改善も否定できないとのロイター報道で




再び出口戦略ムードのドル買いです。




国内は、官・新財務大臣の円安になってほしい発言・・




しかも90円台半ばと具体的な数字にまで言及してしまったようです。




とりあえず、ドル高要因と円安要因が合致して




ドル円は92円台後半です。







中国人民銀行(中銀)が昨年8月以来の、3ヶ月物手形金利を引き上げたとの報。




これでコモディティー関連は圧迫要因に。







ドル高なら、金は、東京買い・NY売りかも。




ドル安ならNY買い・・東京は円高に行きにくくやっぱり買いになるのかも。




25日平均も上昇に転じているので、押し目買いで。




押さなかったらついていく?



白金は半値戻し4850円・・・出来高4万枚なら・・・目先売って見たい気もしますが・・・




気がするだけで、その勇気があるかどうか・・。







穀物は急反落です。




特に大豆は、中国金融引締めが利いたのか、CBOT夜間は20セント安・・・国内は1000円近い下げ。




コーンもつれ安でした。




売り方ファンドもおおむね全量買戻しとなり、踏み一巡の下げもあったのかも。




買い方ファンドは少し買っていました。




弱気せず、買い方針で待ちます。




まだまだ地味な動きですが。



海運指数は、ばら積みが下げて、穀物パナマックスは上げていました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/285-e2bdcaad

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。