スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロと豪ドルが反発

ドル円は91.70円あたりでややドル買い優勢ですが




ユーロドルや豪ドルドルが16:00ごろから急激に戻し気味のようです。




円売り・ドル売りといった感じです。




とりあえずユーロドルは1.44ドルを回復




豪ドルドルも0.89ドルを回復です。




単なるデイトレの動きなのかどうか・・・







今日の貴金属は、日経平均や為替同様、終日静かな展開でした。




穀物はファンド買いが目立っていたような。




売り方外資系ファンドの大量買戻しと、欧州系買い方ファンドの1000枚単位の追撃買いも散見されています。




一気に担ごうとしているのでしょうか。




ちょっと内部要因も注視してみます。







今年も残すところあと1日ですが




為替にしろ、商品にしろ、何だか不穏な動きにも見えなくもない。




突然動き出す前兆なんでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/273-ed6010d3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。