スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーンが強い・・・

本日の東京コーンの大引けは600円高の19,770円。
高値は19,920円となり、1月7日の年初来高値20,110円に迫る場面も。

 ドル円が98円付近まで上昇。年初来高値付近だが、すでに期先3月限は昨日で一代高値は更新となっていることから、すでに踏みが誘われやすい一日だった。先週の試し売り玉は昨日手仕舞いとなったが、今回の上昇は円安の恩恵が強いとの判断で途転買いも躊躇される局面と思われた。結果的にはマドを空けて(ギャップ)、一気に買い気が強まった展開。
今晩26~27日にかけてUSDA(米農務省)によるアウトルックフォーラムにおいて、大豆増産が予想以上との観測が流れたこともコーン買いの一因となったようだ(作付け面積は27日に発表)。加えて、先週伝えられた米農務長官によるガソリンへのエタノール混入比率引き上げ案も、好材料で蒸し返される。いざ上げ出すと何もかもが強材料視されてくる・・・。
 
 テクニカルも強い。一目均衡表もこれまで弱気一辺倒だった遅行線が完全に好転し、基準線・転換線ともに三役好転となった。転換線も急上昇ながら相場はその上に位置し、典型的な強気相場である。20,110円を上抜ければ一気にN計算21,650円も視野に入る。
それでも買うのがまだ怖いのはなぜだろう・・・。値頃だろうか・・・?目先は角度のきつくなったトレンドの抵抗線が接近していること、高値20,110円に近いこと、本日アジア勢の株が売られたことが気がかりとなる。
大勢はともかく、目先は中立で構えてもう少し見極める時間が必要である。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/27-aada828a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。