スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ軟調で巻き戻しのマーケット

おはようございます。

マーケットは全般にドルキャリーの巻き戻しの様相です。

ユーロドルは昨日10:00ごろからストンと下げて、19:00ごろからは緩やかな軟調地合いですが

株・為替、商品市場全般にリスク資産の手仕舞いと売り仕掛けで下げ幅を拡大となっています。

米失業申請も予想よりも弱く・・・方や景況感指標は良かったようです。

当面の間、ユーロドルの反転が確認されるまでは、巻き戻し継続と判断せざるを得ない。

ユーロドルの反転ポイントをどこに置くかでしょう。

25日平均・・一目均衡表・・・MACD・・・ストキャス・・・もろもろありますが

このあたりに兆しが見えるまでは思い切った強気見通しは難しそうです。

米ダウはさほど下値も深くない気はしていますが・・。


【金】

結局は戻り売りでした。

まだ押し目買いを考えるところではないようです。

東京金はドバイショックの安値3183円を下抜けてきました。

NY1100ドル維持ですが、立会い前に一度スポットは1093ドルまで下落。

現在は1103ドルあたり・・。

まだ売りでいくのが無難でしょう。

米ダウ平均の下値限定的なら、先に底打つなら白金かも。


【穀物】

またあおりを食ってシカゴコーンは4ドル割れ。

買いも売りも何だか今ひとつのよう。

輸出は旺盛なので需給は買い・・金融相場で売り・・・当面往来の逆張りで。

ちょっと見極めてみます。

粗糖だけは元気ですね。国内は円高で期先は安いようですが。

ゴムは突っ込みますが、案外しっかりで・・。

もう一突っ込みあれば・・・。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/257-df9d718b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。