スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ急落で商品市場は?

10:00ごろからユーロが大幅続落となりました。

ドル高というよりもユーロ安の様相を呈してきました。

昨晩、先週に続きS&Pもギリシャの格下げを決めたようですが

朝一番から売られると思ったら・・・10:00ごろから突然仕掛けてきなユーロ売りでした。

まだ軟調なユーロを尻目に、米経済指標強含みでドル高はまだ続くかもしれませんが・・・


【金】

3300円超えた後はやれやれの売りが先行。

ドル高で海外ドル建てが下げました。

只、ユーロ下落の割には、NY金の下げがもの足りないような感も。

ドル高の売り材料と、米長期金利上昇懸念といったインフレ買い材料が引っ張り合っているのかも

何だか年初のドル買い・金買いが同時進行したときの感覚もなきにしもあらず・・・。

悩ましいところですが、当面、金は戻り売りから押し目買いへ考え直したいと思っています。


【穀物】

しっかりですが、コーンは2日連続陰線引け。

安いときに拾って待つしかなさそうな・・・。

しかし静かすぎます。



対して、ゴムの問い合わせが多くなってきました。

たしかに静かなものよりもダイナミックなものに目が移ります。

金は往ったり来たりですが

ゴムがリーマンショックから61.8%戻しまでと思ったら更に上昇。

突っ込みを買う銘柄になっているようです。

数年前にタイとベトナムのゴム農園や工場をあちこち視察にいってきましたが

当時間違いないといわれた生産減少の時期が来たのかもしれません。

ダブルタッピングの話やもろもろ・・・今度時間あるときに記事にしたいと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/256-103806c2

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。