スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替と商品・現時点の方向性・・・

金も白金も上昇し、日経平均株価も売られながらも終盤持ち直した形。

これまでの株価上昇で貴金属売り要因が、景気期待でインフレを連想させるムードである。

現時点の方向性はどうか。

25日平均でみると、東京金は横向き、白金は下向き、日経平均は上向き。

あまり乖離もなく、まずはこの方向性で組み立てたい。

60分足も金は横向き、白金は下向き。

もっとも白金は文字通り短期のスイングが無難なところか。

金の売り方針はひとまず消えたが、横向きの方向性なのでまだ逆張りしかなさそう。

悩ましい変動と思う。

為替はドル円が売り・・・・値ごろ感で3月安値93円台が抵抗ムードだが、あくまで値ごろ感なので予断を許さない。

昨日急騰した英ポンドが17:00すぎから急落商状となり、ユーロドルも急反騰・急反落で乱高下の時間帯となっている。

格付け会社S&Pによる英の格付け見通しを安定からネガティブに変更との報。

これはすでに政策金利を大幅に引き下げた段階で予測し得ることでもあり、遅行的な数字に思う。

しかし、まだ目先は翻弄させる動きである。

とにかく方向性には逆行したくない・・・いずれ大きなトレンドも発生すると思うので・・。

原油と穀物も、国内はなかなか団子状態から大きなトレンド発生になっていないが、方向性にはまだ変化がない。

目先の修正合図にも注視していきたいが、穀物は連休前後の突っ込みは、来月需給報告に向けた拾い場と考える・・・。

        ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


  FX(為替)やCX(商品)に共通する相場の方向性という基本に立ち返ってみませんか
    5月27日(水)20:30~21:00 自宅で参加できるオンラインセミナー(渡辺)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/222-12a9788b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。