スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州通貨買い・・ドル独歩安・・・9:00

4月のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録が公表された。

米国債の買い取りと、メンバーの一人が買い取り資産拡大を提案もあったようだ。

前日はBOE(英中銀)も議事録を公表したが、直後にポンドやユーロが対ドルで急反騰。

FOMC議事録で更に拍車をかけ、ポンドドルは年初来高値更新。

欧州通貨が高騰したことがリスク許容度の拡大が加速したことを意味する。

ドル独歩安商状でドル円は再び94円台。

クロス円もつれ安だが、ユーロ円は前日安値は維持となる。

いずれにしても主要通貨は対ドルで買われた形。

25日平均の方向も前日と変わっていない。

ユーロ高で金も高い。

株は安いが大きく売られてこない。

リスク許容度の拡大で、金が悩ましい。

ユーロ買いは強材料・・・リスク許容度拡大は弱材料。

方向性は上向き継続だが、円建てとなると横向きになりまだ逆張りの範疇か。

しかし売り維持も疲れてくるのでとりあえず手仕舞って眺めてみる。

逆張りなので、分足も活用できるが、現在60分足も横一線。

白金は60分が昨日で売り転換だが今日はどうか・・・?

原油と穀物市場はしっかり。

ガソリンは米国製油所稼働率が悪そう。

コーンは一代足で先週の高値と面合わせ、そのときと同様に上ヒゲ形成となった。

天井構成に見えても安易に弱気できずか・・・。

リスク許容度の拡大は株式同様、原油や穀物市場にも波及していると思う。

来週連休前の押しは想定できるも、笑んだkでつ込んだ場面を丁寧に拾うしかない。



         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


5月23日 若林史江セミナー(無料)のご案内

5月27日(水)20:30~21:00 自宅で参加できるオンラインセミナー(渡辺)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/220-1ae50d95

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。