スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーナンキ発言で反発・・・・

本日の入電は、コーンが2.50セント高の354.25セント・大豆が8.25セント高の881.00セント。

 穀物市場は独自要因に乏しい中、本日はNYダウの急反発につれ高となったようだ。
バーナンキFRB(米連邦準備理事会)議長による議会証言に注目が集まった模様。内容は、条件つきではあるが現在の景気後退は09年中に脱却、翌10年からは回復との発言があった。3時間半にわたる長丁場だったようだが、これまでとはややニュアンスが違い「はっきり回復」と発言したことにより、まずダウが236ドル高と反応。ドル円も97円付近まで円安ドル高が進行した。ユーロやポンドも対円で先月1月以来の高値となり、豪ドル含むクロス円も全面高。前日までのドル独歩高が、本日は円独歩安商状となっている。
無論バーナンキ発言も、あくまでも景気対策の効果と金融安定化が条件となりまだ流動的ではあるが・・・。
 何はともあれ昨晩は一転リスク回避の後退により、最近までの変動に逆回転が起きたものと思われる。
 問題はこのまま一気に底打ちとなるのかどうか・・・。

 コーンは売り方にとっての注意点となるテクニカル指標に注視していきたい。ストキャスティクスが昨日ゴールデンクロスとなり、本日の市場ムードから換算以上に買われる可能性もあり。
その場合のポイントは高値となる18,950円。ここを上抜けるようなら売り玉一端手仕舞いとしたい。
ただし、シカゴの反応が今ひとつであり、昨晩のBDI(バルチック海運指数)も下落、最近の株式市場における期待と失望が続く展開もまだ否定できず、これで底打ちとの見方は時期尚早とみる。
本日の換算は、コーン350円高、大豆790円高。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/15-0ec4c8f0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。