スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株高・・・8:50

G20首脳会合(金融サミット)の最中に、米国の時価会計緩和がスピード決定されている。
賛否両論だが、とりあえず悲観論はやや封じ込めた形。

G20も一応の協調行動を確認、2010年まで5兆ドルの財政出動。

これで米国債は売られ長期金利が上昇したが、これまでの金利高・ドル高には反応せず。
ECB(欧州中銀)の0.25%利下げと次回への追加利下げの含みも、ユーロ売り要因にはならず。

  貴金属・・・
ドル安でもリスク回避後退売りか。
NY金は一目均衡表・雲の下限まで下落。相場は下降25日移動平均線の下に位置し、かろうじて上昇50日移動平均線を下回る。25日線と50日線が並び、大勢の方向感を探る展開である。
ひし形もちあいも形成するかもしれないので、売り玉は一旦の手仕舞いが無難なところだろう。
とりあえず、移動平均線の方向と一目均衡表も注目してみたい。

原油が高い。高金利資源通貨が高いが、低金利ユーロも高い。このまま60ドルねらいか。

  穀物・・・
大豆が上げを主導している。
奨励のコーン・大豆比価は、期近2.43倍・新穀2.11倍で未だ大豆割安と思われる。
シカゴコーンは、昨日のはらみ線を包んでいる。明日次第で更に上値追いも。下げても25日移動平均(現在377セント付近)と思うが、この25日線はしばらく上昇していくことになりそう。50日線も上向きに変化である。コーンの買玉維持、【コーン売り・大豆買い】もサヤ20,000円ねらいで・・・。

↓クリックお願いします
商品先物ブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/112-5d8debd6

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。