スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱材料に反応薄・・・8:45

NYダウが152ドル高。
ISM(米供給管理協会)発表の3月製造業業況指数は36.3となり、強弱分岐点となる50.0を14ヶ月連続割り込む低迷が続く。もっとも、市場は前月比変わらず予想がややプラスになっていることと同時に3ヶ月連続上昇に反応した形。ここでも、弱材料よりもわずかな強材料に反応している。
昨日の日銀短観も最悪数字よりも、先行景況感のわずかなプラスに好感といったところ。
実体経済はすぐに上向かないことで、期待の粋は間違いないところだが、相場的にはまずそれに乗る必要はあると思う。

 貴金属・・・
NY金も25日移動平均線は下向き。東京市場とともに、現時点では相場は下を向いている。ここが上向くまでは思惑買いは控えたい・・。

原油が短期線は下向きだが、上向きの25日線で支えられた形。昨年末の金を買って、原油を売る動きの逆と思われる。スプレッドとの見方もできなくもない・・・。
今後のファンドポジションにも注目したい。
とりあえず、金を売って、それ以外の商品を買う動きか・・・。

 穀物・・・
とりあえずの手仕舞いが出たようだ。それにしても、前日の作付け意向とおりの作付けなら、今期(09年~10年)の在庫率もまた一桁になってしまう。大豆・コーン比価は5月限で2.4倍、新穀限月で2.08倍・・・・コーン売り・大豆買いを奨励したい。東京のサヤ足チャートは、縮小から拡大トレンドへ転換が見える。

          ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


↓情報満載のプレミアムクラブ
Premium Club
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/109-63faf89b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。