スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催促相場・・・12:30

8:50発表の日銀短観は過去最悪の数字となっている。それを受けて、寄り付き後の日経平均はマイナス圏まで売られたが、直後に買われて242円高となった。
むしろ良い数字の方がサプライズとなってしまうことで、織り込み済みとなっている。最近の弱材料よりも、強材料に反応することが売り空きムードと、今後の期待度の高まりと受け止めたい・・・。

明日のECB(欧州中銀)理事会や週末米雇用統計も同じことがいえるのでは・・・。
ユーロ/ドルは売られ海外時間外は安いものの、これにあてはめれば明日以降の押し目買いも期待大か。

  穀物・・・
ということで、今回は穀物市場にそれがあてはまるかもしれない。
一般大豆は一部ストップ高含む1590円高、コーンは590円高まで買われている。
作付け意向面積はたしかに予想よりも大豆の増加幅が少なかったものの、その分コーンの作付けが思ったよりも多かったことで、特別急騰するほどの材料でもない。四半期在庫も予想より減ったといっても、サプライズ報告でもない。
にもかかわらず急騰したことが、市場の売り空きムードを証明していることでもある。

コーンを買って、鞘取りはコーン売り・大豆買いを維持・・・。
シカゴ新穀限月はまだ比価2.04である。作付け増加を期待しすぎたとがめであるが、在庫率が一桁のため、大豆には作付け催促が必要であろう。(株式市場も催促相場か・・・?)


 貴金属・・・
その分、金はもちあいをイメージし、それ以外のものが買われやすいのでは・・・。


      ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


↓情報満載のプレミアムクラブ
Premium Club
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/107-1249f203

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。