スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穀物急騰・・・8:45

海外商品市場は全般に静かだった。
それでも昨日の為替市場が一昨日のGMショックから往って来いのV字反騰だったことから、市場は落ち着きつつあり、4月新年度入り恒例の商品上昇の時期がやってきたのかもしれない。

金よりも、リスク許容度の高まりで、原油と穀物に買い気が高まると思う。
本日は大豆が急騰だが、理由は以下の通り。

  穀物・・・
    □USDA(米農務省)発表の作付け意向面積
      コーン8498.6万エーカー(前年実績8598.2万エーカー)
      大豆7602.4万エーカー(同7571.8万エーカー)
    □全米四半期在庫
     コーン69億5800万Bu(事前予想平均70億300万Bu)
     大豆13億200万Bu(同13億2200万Bu)
 大豆の作付け意向面積が事前予想を大幅に下回り、サプライズとなって急騰模様。コーンは減少幅が小さかったものの、大豆につれ高となっている。四半期在庫は、コーン・大豆とも予想以下で、実需回復との判断が追随買いの一因となった。
大豆の作付け意欲が削がれた可能性から、作付け催促相場の始まりかもしれない。
 チャートは、雲のねじれで反転、直近の高値を抜いたことで、年初来高値429.00セント超えがターゲットだろう。一旦の押しもあり得るが、おもいきって買い参入したいところ。コーン売り・大豆買いアービトラージも継続したい。

  貴金属・・・
引き続き、NYのひし形もちあいを想定し、待ちたい。
穀物同様、ガソリンの買いを奨励したい・・・。

     ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


↓情報満載のプレミアムクラブ
Premium Club
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nabew0402.blog86.fc2.com/tb.php/106-38b66a22

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。