スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融規制法案も楽観ムード

おはようございます。




ダウ平均は122ドル高で、この2日でほぼ往って来い商状。




FOMCの低金利持続の報に買い継続となって




審議に入った金融規制改革法案は・・




民主・共和党の折り合いがついたことで、従来よりも緩和されるとの思惑もあったようです。



いずれ大きな問題になるかもしれませんが・・・当面の間は買い戻しの材料にも。







ブラジルがついに0.75%の利上げ実施で




欧州が悩ましい中、新興国の利上げが相次いでいます。







金・・・




リスク回避で買われて、2日目は楽観ムードに若干安ですが




原油が再び85ドル台へ上昇・・・直近の87ドルも視野に。




5月前半の強気相場と判断していきます。







穀物・・・




中国が米国産コーン11万トン買い付けの報で急騰です。




追加買い付けの噂もでているようで




大豆と違って、自給自足型のコーン買い付けはそれなりにインパクトがあります。




上下しながらも、いよいよ動き出すか!

スポンサーサイト

FOMCの結果でリスク選考

おはようございます。




昨晩はユーロが上下に触れる展開でした。




S&Pが今度はスペインの格下げでしたが




フィッチやムーディーズは追随せずとのことで下げたり上げたり。







FOMCは事前予想通りで金利据え置きと、文言の変更はなし。




これに反対したメンバーも、前回同様一人だけと伝わって




終盤はリスク選考の円売り・ドル売りで締めくくった形のようです。




ダウ平均は53ドル高。




商品市場もおおむねしっかり。







ロンドンバルチック海運指数も、前日に続き高騰していましたが




なんだかんだ実需も活発なのでしょうか?




アジア市場のがんばりに期待したいところ。




株式市場は中国・・為替もユーロの行方も気になりますが、豪ドルあたりに注目してみようと思います。




5月相場前半戦を強気でみて・・・商品市場も当面は強気なのかもしれません。

欧州売りの一日を終え、FOMC待ちのマーケット



ギリシャが2ヶ月間、株の空売り規制とのこと。





ユーロは一時戻りかけましたが・・今のところ反応薄。





苦肉の策ですが、リーマンショック後に米国がとった策を。





良い面と悪い面もあって諸刃の剣ではありますが。








日経平均は287円安。





上海総合は若干安。








今日は月末独特の手仕舞いのところに、欧州売り材料に大きく反応した一日でした。








明朝はFOMCの結果が出ます。





文言変更はなさそうですが





米景気回復基調から、6月頃には「長期にわたって」を削除される可能性が囁かれています。





リスク回避の円買いでも、このドル買い要因も加わって、円高にも大きくぶれにくいところか。





リスク選好型のドル売り・資源国買いも捨てきれないところ。








いずれ大きな売りチャンスはあると思いますが、当面は実需期待の押し目買いで。





昨晩高騰していたバルチック海運なんかも注視してみます。










<投資相談室について>

2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。


投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。





詳しくはこちらまで



投資相談室はこちら





豪州と中国とドル円チャート



10:30発表の豪州CPI(消費者物価指数)が、予想のプラス0.8%が0.9%。





豪州の利上げ打ち止めムードが、わずかながらに追加利上げの可能性も。





豪ドルは少しだけ戻しています。





連動性がいわれている上海総合指数は安寄りですが、現在変わらず付近で推移。





上海も万博前に下げるだけ下げたのでしょうか。





ここ数日目が離せません。











ドル円(東京外為)チャートです。




渡辺の畑






200日移動平均線(緑線)は91円50銭付近を通過。




下降線が緩やかになりつつあるので、円高も直近のトレンド支持線92円50線あたりか。




豪州やら・・中国やら・・・案外ドル円にも少なからず影響があるような・・・。










リスク回避売りと実需買いの狭間で

おはようございます。




ギリシャが一気に3段階の格下げで、ジャンク債扱いに。




ポルトガルも2段階格下げの報で、市場は急落商状です。




一段階ずつでなく、一気に3段階だけにある程度出尽くしの可能性はありそうですが




とりあえず、欧州圏は戻り売りで。




ダウ平均も200ドル超の下げ・・日経平均も300円超の下げて、25日平均攻防。




欧州戻り売り・・・アジアの押し目買いの流れでしょうか。




連休前の急落押しは買い場かもしれません。




アジアにはがんばってほしいところ。




上海万博直前の中国市場は?







金・・・




金融商品としてはファンド売り・・・・質への逃避で実物買いで買われています。




たしかに、株も為替もリスク回避で下げましたが




バルチック海運指数が高騰・・・実需買いもそれなりにあるのかも。




実需期待の押し目買いで。




逆にゴムは一段下げ期待か。







穀物・・・




コーンは前回安値付近ですが




コーンは買い辛抱・・・売るなら大豆でしょうか。




シカゴコーン・大豆の比価は未だ2.7倍台となります。

中国との連動性が薄れた日本市場?

日経平均は46円高。




中国上海総合指数は、一時年初来安値更新でしたが




日米の株式市場は堅調な足取りです。




あれだけ世界の株式市場を揺さぶった中国市場に、反応薄が続きます。




どうせなら一気に今月高値を上抜いて




12000円あたりまで駆け抜けてほしいもの。




中国もギリシャにも動じない、元気な日本市場になってほしいものです。







金・・・




中国との連動性を期待した貴金属の深押し期待は、一旦封印して挑みたいと思います。




いずれはまた売り狙いも出来ると思うので・・・。




直近の38.2%で3450円あたり。







只・・・東京ゴムなんかは臨時増しのようだし、陰線引けも多くなっています。




売り上がりとみます。




ヘッジ売りもあるでしょうし・・・ここからは中期的に逆ザヤ⇒順ザヤ移行も。




他の商品市場の先行銘柄のような。







穀物・・・




作付け進展で頭重く・・・かといって大下げも期待できず。




作付け終了あたりから動意づくのでしょうか?




買い辛抱・・・




<投資相談室について>
2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。

投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。


詳しくはこちらまで

 

投資相談室はこちら




軟調な中国市場と豪ドルの動き

中国上海総合指数が、2%ほどのマイナスです。




先週一週間で5%ほど安く




昨日も、今日も今のところ軟調。




3000割れて、現在2900付近です。







これで、連動性の高い資源国通貨の一角豪ドルもやや軟調です。




豪ドル円は、前日わずかに年初来高値を更新の87.70台から・・現在86円台。




日足は買いのまま・・・240分がやや売り線・・・月末の押しが入るかどうか・・・。







中国市場の下落も、金融引締め観測や、中国建設銀行の増資報道も嫌気されているよう。







日本時間では今日入れてあと3営業日。




ここから押し目を拾っていく作戦で。




これまでの売り狙いが不発に終わりそうですし。



<投資相談室について>
2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。

投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。


詳しくはこちらまで

 

投資相談室はこちら


相変わらずのギリシャ問題で

おはようございます。




ギリシャ問題はまだすったもんだのようです。




最終的には手助けすると思われますが、ドイツ側が今ひとつ煮え切らない感も。




当面この問題は見守るしかなさそうです。




ユーロドルは、この一ヶ月間で3度とらいした1.33ドル割れからの戻って現在1.33ドル後半。




日経平均は30円安。







金・・・




5日平均線も少しずつ上昇し3460円台を通過です。




月末事情の深押しをあきらめ、安いときは拾っていきたいところか。




新甫発会して・・・月末のもう一押しも視野にいれつつの押し目買いで。




SPDRの金ETF残高も増えつつ、国内は売り方商社の買戻しや、外資系ファンドの買いも目立ちます。



実需とファンドが足並み揃ってきたような感も。







穀物・・・




現地作付けは、コーンで50%終了のようです。




例年の倍以上のスピードですが




遅れた昨年の20%を大幅に上回る数字。




その割に相変わらず動きも鈍いです。




転換ポイントは20,530円割れ・・・ファンド売りもあまり出てこないようなので




上昇待ちで。




再び中国引き締め観測ですが、押し目完了?

ギリシャ支援に一応の進展はあったように見えますが



ギリシャ国債とドイツ国債の利回り差が再び拡大と報じられて、またユーロは軟調気味。



中国の上海総合指数も引き続き軟調ですが



経済過熱気味との報道に、再び引き締め観測も台頭とのこと。




只、日経平均は円安の恩恵もあって251円高・・再び25日平均上抜けです。




金・・・



中国軟調で、引き締め観測からの月末修正安を見込んでおり



まだその可能性も捨てていませんが



相場観と罫線の形は別物のようです。



ストンと押しを入れる可能性はありますが・・・



大きな押しはこの間で完了かも。



もう少し深い月末押しを想定していたのですが、ここは強気買いで攻めていきたいところと考えます。



無論、押し目も拾えるスタンスで。




穀物・・・



相変わらず動意づかずですが・・・



上値も重い・・・かといって下値も堅い。



作付け順調ですが・・・



天候相場の始まりは本来作付け終了してからなので



ここは買い志向で気長に待ちたいところ。


ユーロ戻しています

この時間、ユーロが戻してきました。




ギリシャが支援要請するらしく、買戻しのよう。




朝、ストンと下げてからはしばらく横ばいだったので




この報道に飛びついたような・・。







週末です。




日経平均も中国上海もやや軟調で終えています。




商品市場も、貴金属や原油は高止まりですが、ちょっと調整色も。




月末の下落を期待しているのですが・・・来週はいよいよ月末の週。




穀物市場はそろそろ動いてほしいですが、待ちですね。







また明日です。

ユーロドル年初来安値更新とG20を控えて

おはようございます。




NY時間はまたもや往って来いのマーケットでした。




ギリシャ問題で急落と思ったら・・・




オバマ大統領から金融規制に突っ込んだ話がなかったことや、米住宅指標が好調と報じられたことで




一気に反発です。




もっとも、安値から反発であって、引け値ベースでは若干高のダウ平均。




為替も商品市場も右ならえですが・・・ユーロドルは明け方から下げて、年初来安値更新です。



G20の議題で人民元切り上げ問題はやや素通りかもしれませんが・・・銀行課税案の議題になる見通し。





金・・




この際、途中の値段は無視して、引け値ベースのラインチャートのほうがシンプルでよいかも・・・。




とりあえずユーロも安いですし・・・一応上値抵抗です。




下げを待って。




白金も新値更新ですが・・・




どうもこの形の更新パターンは下げることが多かったので注意・・。







穀物・・・




コーンの作付け進展はすこぶる良好のようですが




ファンド売りもおおむね出尽くしたような感もあります。




押しに備えながらもゆっくり待ちます。

日本のソブリンリスクと、ギリシャ財政赤字増加懸念で

格付け機関から、日本の財政赤字の増加が信用リスクと報じられています。




日本ソブリンリスクとなって・・・円安に。




その後はギリシャの財政赤字の増加懸念と伝わって・・・ユーロ安に。




円売り・ユーロ売りのよう。







米金融規制の話もあったりで、そわそわする頃・・・。







金・・・




強いですが、円安上げ材料と・・・ユーロ売り下げ材料が交互に出ます。




そろそろと思いながら、なかなか下げてきません。




しつこいようですが・・・月末の下げを期待して。




FOMCも控えますし。







白金は新値更新・・新値足は14本目の陽線・・・一度押してほしいものです。




ゴムの夜間立会いで、期近3本目にバイカイめいた売買が散見されています。







穀物・・・




上昇待ちの状況です。

警戒感の株・為替・・模様眺めの商品

日経平均は130円安・・ドル円も92円台後半です。




双方とも前日上抜けた25日平均との攻防。




株と為替はちょっと警戒されている感じです。







オバマ大統領の金融規制案の話もあるらしく・・・




週末のG20での人民元切り上げの話も・・




切り上げはすぐに無理そうですが・・・




切り上げなしに利上げもしにくい・・・インフレも抑えなければいけない・・




様々な問題もいわれています。







その中にあって、商品市場も模様眺めムード。




金・・・・下げそうで下げませんが・・・・下げを待ちます。




穀物・・・上昇待ちで。

米好決算とギリシャ問題の狭間で

おはようございます。




昨晩の米株式市場はしっかり・・・モルガン・スタンレーの四半期決算は良好です。




主要な金融系は揃って好調な決算。




これで予想された好決算企業もおおむね出揃って・・




そろそろ修正期待も?







ギリシャ国債とドイツ債の金利差拡大のニュースが広がって、依然と不安要素があるようです。




期待と不安の入り混じるマーケットです。










金・・・




NY金は上昇・・・ギリシャ不安で安全資産買いとの時事通信報道でした。




どちらかといえば、リスク選好型の株買い・商品買いと思うのですが。




来週の修正安を期待していこうと思います。







穀物・・・




徐々に買戻し優勢ですが・・もう一歩前に進んでほしいところ。




買い方は期待を込めて待つ姿勢でしょうか。





資源関連強し

今日も強いマーケットでした。




日経平均も189円高で、25日平均上抜けです。




為替は円安・・・ユーロや豪ドルも買われました。




ユーロは若干ですが、豪ドルや、6月まで利上げ示唆と報じられたカナダドルといった資源国が強いようです。







あとは週末のG20や来週のFOMCに向けての修正安は期待したいところ。







金・・・




為替と同様、金よりは資源の一角白金が強い。




大きな流れはこんな感じでいくのでしょうが




とりあえず月末の修正を待つ姿勢で。







穀物・・・




蚊帳の外から徐々に・・・。




新値足(大引け三段)に沿って買い姿勢で。




新値足といえば・・・小豆が引けであと10円下げたら陰転ですが・・。





インド利上げに屈せず

おはようございます。




インドが2ヶ月連続利上げでしたが、市場は素通りでした。




先月の利上げでマーケットは急落・・・今回は上昇。




利上げという結果は売り材料ですが・・・利上げの原因となる景気良好は買い材料。




市場の反応はアジア買いとなったようです。




為替も株価も強いです。




G・Sの四半期決算はすごく良かったようですが、G・S株は2%安とのこと。




やや国民感情を考慮してか・・。







来週はFOMCも控え・・・文言変更もなさそうですが、そろそろというムードはあります。







金・・・




下落の61.8%戻し。




良く戻しました。




月末も控えるので、やはりここは下落を待ちます。







穀物・・・




何とか下値は支えられました。




東京コーンは新値足陽転のまま継続中です。




材料は弱材料ですが。

リスク回避後退で



今日はリスク回避後退ムードでした。





株価はあまり変動なかったようですが





現在、欧州株価は堅調。





ドル円やユーロもまずまず堅調で





リスク回避後退の円売り・ドル売り・・・。





昨日までの売り材料がやや後退です。





さて今晩はG・Sの決算発表ですが。




売り材料と買い材料がいろいろ出てきます。








金・・・





現在、半値戻し3420円どころまで戻っています。





戻る力があるだけ、まだ強さは維持ということでしょう。





が・・ここはあくまで半値戻しで、もうひと突っ込みほしいところ。





しぶとく25日平均線の上に乗っかってはきましたが・・。











穀物・・・





作付けも順調で





まだまだ蚊帳の外ですが・・





しばらく陰線引けの目立つ東京コーン。





買いは早めの手仕舞いのようです。





吹き値を避けて・・・突っ込みを買うくらいがちょうど良さそう。











おはようございます。





昨日から一転楽観ムードから戻しています。





シティーの四半期決算良好・・・





ゴールドマン提訴も委員の中には穏健派もいたようで、大事にはならない見方も。



詳しくはこちら⇒渡邉の畑



<投資相談室について>

2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。

投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。


詳しくはこちらまで

 

投資相談室はこちら

いくつかの材料で週明け売りスタート

おはようございます。





いくつかの売り材料に反応して、週明け売りスタートとなっています。






詳しくはこちら⇒渡邉の畑



<投資相談室について>

2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。

投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。


詳しくはこちらまで

 

投資相談室はこちら

インド利上げ観測や、欧州非公式会合などで

br />

週末です。


ギリシャ問題や中国の金融引締めの燻りと・・インド中銀の再引き締めの可能性や


英国の政治的な混乱らしきものも、リスク回避の要因のようです・・・

詳しくはこちら⇒渡邉の畑



<投資相談室について>

2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。

投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。


詳しくはこちらまで

 

投資相談室はこちら

ギリシャと中国でリスク回避



おはようございます。





ギリシャ債務局から、ギリシャ債発行が可能か疑問と報じられたことで





やや円買い・ドル買いのリスク回避。



詳しくはこちら⇒渡邉の畑



<投資相談室について>

2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。

投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。


詳しくはこちらまで

 

投資相談室はこちら

中国引き締めの噂?


中国の金融引き締めの噂も出たらしく


少し巻き戻し的な売り物が出たようです。


いよいよ売り方・・・

詳しくはこちら
渡邉の畑



<投資相談室について>

2010
46日より、『投資相談室』を開設いたしました。

投資相談室では、投資に関する分析手法であったり、保有ポジション診断など投資に関する質問をメールにてお受けしています。相場観に関するご相談はお受けしかねますが、投資活動に関する悩みが御座いましたらご活用下さい。完璧なアドバイスは出来ないかもしれませんが、今までの経験を活かしてアドバイスさせて頂きます。


詳しくはこちらまで

 

投資相談室はこちら

中国経済指標で更に楽観買い

注目の中国経済指標は、おおむね予想の範囲でした。

続きはこちら

バーナンキ発言で

おはようございます。




結局バーナンキFRB議長の証言は




「長期にわたる」の文言変更はありませんでした。




小売売上も良かったものの、消費者物価が伸びず利上げが遠のいた格好。







これでリスク資産買いに拍車がかかって、ダウ平均も100ドル超の上昇。




為替も商品市場も全般に買い優勢。







11:00には中国の経済指標。




利上げに関するニュアンスがあるのかどうか。







金・・・




国内外とも直近の高値に迫る展開です。




それでも月末に向けた修正場面を待ちます。




売り方はがんばって・・・




買うのは押し待ちで・・。




11:00に注目です。







穀物・・・




他銘柄の恩恵を受けて少し買われてきました。




シカゴはようやく上値抵抗線。




ここを上抜けてくれれば・・・。




東京コーンはもう少し上げれば新値足陽転ですが。

再び楽観買い

今日は全般に堅調な前場となっています。



ダウ平均・日経平均ともしっかりが続きます。



為替市場もドル円が円安気味で93円前半。



ユーロも豪ドルも反発模様です。




今晩23:00にはバーナンキFRB議長の議会証言が予定されている。



「長期間」の文言に変更があるかもとのことですが



現時点ではドル売り・ユーロ買いの楽観ムードに反応。



ギリシャ債の入札もまずまずだったようで・・。




金・・・



80円下げて・・半値40円戻しています。



5日平均に戻ってきましたが



NYも東京も攻防です。



ここで抑えられるとみますが、なかなかしぶとい金相場です。




穀物・・



案外しっかりしました。



国内外とも下降トレンドながら・・



シカゴの小麦がいち早く上値抵抗線まで戻ってきましたので



小麦が先に上抜けば。



120円まで円安?

夕方・・民主党は日本のデフレ脱却のため




ドル円は購買力平価を参考に120円を目安に努力・・・




と報じられまして




ドル円やクロス円が買われています。



何が何でも円安に持っていきたいような。




中国の利上げも今のところ言及なしで




全般に為替は安値から戻しています。



只、中国はこの時期しらっとやってのけるので注意したい。



利上げと言うよりも何らかの引き締め?







金・・・




高値から一気に80円ほど下げて




為替次第でちょっと高下しています。




ユーロもちょっと戻していますが、ドル建てスポットは今のところあまり上げていないような・・。




ユーロ安でも上げて・・・いざユーロ高にはさほど上げず。




2月の頃とちょっと似た感覚もあります。




この時期独特の中国引き締めに備えて、売り場と考えますが・・・。







穀物・・・







コーンは再び下降トレンド内に。




他が下げると連れ安。




大豆は新値三段が陰転に。




大豆を売って・・・コーンは下に引き付けて・・・。





ようやく調整色?

おはようございます。




ようやく調整かと思わせる各市場の動きです。




為替が、朝から少し円高に。




日本の企業物価は3ヶ月連続プラスながら、前年比15ヶ月連続マイナスとのこと。




デフレも継続となりますが




日銀総裁は




金融緩和継続の円安材料の反面・・・資源高の物価上ぶれリスクに言及。




これでやや円高に。







中国の人民元切り上げムードや、金融引締めムードも円高要因のようです。




株価もこれでやや売り圧力が。







ユーロと資源国豪ドルも注視していきます。







金・・・




待ちに待った売り局面か?




現在5日平均の下に潜っています。




ポンと戻っても、この5日平均を抜けなかったら良しでしょうか。




売り方の逆襲になるかどうか。







穀物・・・




他が下がるとどうしても連れ安となってしまいます。




下値限定的ながらも、待つ相場です。




20,500円どころも視野に。





ギリシャの次は中国?

株・為替・商品市場全般に、強いまま一日を終えそうな感じです。




とりあえずギリシャ問題はこれからが正念場ながらも




一定の支援策で落ち着いたところでしょうか。







今後の市場のテーマは、中国の人民元切り上げ問題でしょうか。




なんやかんやで、中国はちょくちょく小さいながらも金融引締めを敢行しているようで




今後に注目したいところ。




現時点で上海総合はやや軟調気味。










金・・・




月末に向けた調整がどこで入るのか。




今晩のNYも高そうですが・・押しの合図に注視したいところか。







穀物・・・




待ちです。

ギリシャ支援合意でユーロ買われる

おはようございます。




昨日、ユーロ圏の財務省がギリシャ支援を決定したと報じられて




朝からユーロがポンとマドを空けての買いスタートです。




ギリシャ格下げの報に合わせて、楽観ニュースに変えた形です。




日経平均も120円高。







金・・・




これ以上ない強気材料で、NY時間外も買われています。




1170~80ドル節目に近づいた格好。




材料に反応しているだけに、今晩のNYも強そうです。




まだ強いと判断しなければいけませんが・・・




あとはどこで調整を入れるか。




CFTC・・4/6現在のヘッジファンドポジションも20万枚の買い越し。




あと数万枚程度の買い越しも?







穀物・・・




需給報告は予想の範囲でした。




コーンの期末在庫がやや増加




大豆はほぼ変わらず。




値動きも限定的でした。




CFTCのヘッジファンドポジションも買い越しがほぼイーブンに近い状況なので




大きく売られる要因も限定的と思われます。




只・・・なかなか動き出さない。




待ちです。

ドル円チャートを



ドル円(東京外為)チャート(日足)です。






今のところ、5日平均線の下に位置するドル円ですが




ここを上抜けると再び円安の勢いが出る可能性も。




ギリシャ問題にも揺り動かされる展開ですので




この線を注視していこうと思います。




 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。