スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金売り・株買い・・?  8:45

NYダウは終盤盛り返して95ドル高。

3月住宅着工は前月比で予想以上の落ち込みとなった。前回発表の1月分も下方修正。

JPモルガン・チェース1-3月決算は予想以上の好決算とのこと。

良いニュースと悪いニュースがあった。

その中で金が売られていることは、当面の間は株の上昇を暗示しているのかもしれない。
金売り・株買いの流れがどこまで続くか・・とりあえず金売りで追いかけてみたい。

ドル円は240分足が買い転換している・・・・
豪ドルは60分足が買い転換、240分足はもう少しなので、ドル円は目先戻り歩調・・・豪ドルもとりあえず目先戻り歩調か・・・。

只、日中にまたどこかで転換するのかどうか・・・。

大豆が23セント高いが、新穀11月限は3セント高に抑えられている。大豆は期近ベースで年初来高値更新となった。

アルゼンチンの減産がらみで米国産の引き合いが強まっている模様・・・。

農家売り渋りも考えられるが、今後は大豆増産の可能性も否定できない。

南米がらみの上昇となれば、これまでの【コーン売り・大豆買い】から【コーン買い・大豆売り】へシフトのタイミングを計っていきたい。サヤ足チャートのトレンドを注視してみる・・。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


  ◇4月21日(火)12:15~12:45 無料オンラインセミナーやります◇
         タイトル 「FXにも使える最新CX術」
   普段の売買にすぐ活用できると思いますので、是非ご参加ください
         自宅で参加できるセミナー申し込み


期待と失望・・・19:15

今日は、前場と後場で場味がガラリと変わった一日だった。

期待と失望が一瞬で入れ替わったような展開・・・。

ユーロドルがやや軟調になりかけた昼前に、中国のGDPの予想以下の数字が発表・・・。

豪ドルが売られ、同時にドル円も売られた。
後場からは日経平均・貴金属を筆頭に商品全般に売り先行。

ドル円・豪ドル円の240分足は売りのまま、目先の60分、30分足活用は昨日から買い参入、昼前頃ドテン売りといったところか。
ここのところデイトレ・スイングの人たちは大忙しである。

とにかくこういうときは流れに逆らわないポジションを・・・。

金は寄り付きの高値が下降中の5日平均線でたたかれている。

白金は大勢jはともかく、30分、60分足が明日の下げを暗示するが、この足でも出遅れるほどの上下である。補うには5分足チャートで売り買いも一考だが、パソコンに貼り付ける人は良いのかも・・・。

それはそれとして、とりあえず金売り維持で見ていきたい。
 
穀物は相変わらず下げそうで下げないのだが、新規で追いかけて買うには少々無理がある。
コーンの買玉は極力抑えて維持する程度か。

また何か変化があればポジション増加といった具合・・・。

とりあえず今日も神経の使う一日だったと思う・・・・。

お疲れ様でした。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


  ◇4月21日(火)12:15~12:45 無料オンラインセミナーやります◇
         タイトル 「FXにも使える最新CX術」
   普段の売買にすぐ活用できると思いますので、是非ご参加ください
         自宅で参加できるセミナー申し込み

中国と豪ドル・・・12:20

全般にマチマチの変動・・。

日経平均は253円高。
中国上海総合指数は高寄り後、マイナス圏へ・・・。

中国の1-3月GDPは前年同期比で6.1%と発表・・。市場予想をした回ったとのこと。

反発を見せていた豪ドルやドル円も昼近くから失速してきた。

これが近いうちに株価暴落説の一因にはなっているのかも・・。

織り込んで下げているのであれば、今月はまだ反発余力はあると思われるが・・・。

それでも引き続きいろいろな観測が飛び出す頃なので、移動平均の変化に注意していく。
豪ドルの行方にはますます神経を尖らせるときだろう。

日足は攻防中だが、デイトレの人たちには売り買いおもしろい変動ということになるのだろう。

金はいまだ売り方針とする。
白金は、スイング・デイトレともまだ買いの流れ、どこで反転するのか・・?

穀物は新甫が結構高い。
只、ここを追いかけての新規買いは見送った方が良さそう。玉縮小しつつ、買玉は細々と狙っていきたいところ。

          ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


  ◇4月21日(火)12:15~12:45 無料オンラインセミナーやります◇
         タイトル 「FXにも使える最新CX術」
   普段の売買にすぐ活用できると思いますので、是非ご参加ください
         自宅で参加できるセミナー申し込み

攻防・・・8:50

NYダウは終盤盛り返して109ドル高。

CPIは前月比でかろうじてプラス予想が、マイナス0.1%とのこと・・・。
デフレ商状だが、コア指数は予想よりプラスということで、とりあえずどっちつかずか・・・・。

ドル円は何とか25日平均線に支えられているが、5日線との間に挟まっている形。
5日線は下降、25日線は上昇・・・まるで万力に挟まっているかのよう・・・。

豪ドルは上昇中の5日平均線が昨日で横ばい、相場はその5日線を挟む展開・・・。

ドル円も豪ドルも25日平均は上昇中だが、あとは引き続き変化に神経集中する局面には違いない。
240分、60分、30分足で短期売買をこなしつつ、大勢の方向性を探るときだろう・・・。

商品に関連のある通貨だけに予断を許さない。

金売り方針は維持する。
白金は60分と30分足でデイトレかスイングで・・・。30分足は昨日の夕方で買い転換、あとは60分足がどうでるか・・?

シカゴの大豆は期近ベースで年初来高値1046.50セントと面あわせである。
終盤売られて、コーン・大豆とも高値から10セントほど安い。
シカゴコーンは下降しながら上昇中の50日平均線に接近中。
MACDは下降中となり、何かしら反転待ちと思う。

コーンの買玉も何とか踏ん張れるか、注意しながらなので玉は縮小しながらの追いかけか・・・。
         
          ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


  ◇4月21日(火)12:15~12:45 無料オンラインセミナーやります◇
         タイトル 「FXにも使える最新CX術」
   普段の売買にすぐ活用できると思いますので、是非ご参加ください
         自宅で参加できるセミナー申し込み

神経を使うところ・・19:30

今日は日本も中国も株式市場は軟調。

金は安値から戻したものの陰線引けとなり、白金はかろうじて陽線引け・・・。
金売りは維持する。

貴金属も為替もデイトレ(日計り)やスイングトレード(短期売買)は移動平均線の兄弟分MACDを使ってみる。
中期的なポジショントレードは移動平均で良い・・・。

30分足は夕方買い転換、60分足は買い転換間際で終了となった。
個人的には売買の判断材料に活用しているが、はたして明日の行方は・・?

為替は基本が240分足をみる。
注目している豪ドルの240分足は売りのまま・・・30分足は夕方一旦の買い転換、60分足も後から買い転換となっている。

肝心の日足は上向きの方向性に変化が出るかどうかの分岐点である。

とにかく為替市場は2月に買い転換が確認されて以来の神経をすり減らすときであり、目を凝らしていきたいところ・・・。

その中にあって、ガソリンと大豆が下げそうで下げない・・・。
大豆が下げないなら、コーンの買いも維持としたいが注意しながらの買いだろう。(無論注意はいつでもしているのだが・・)

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


  ◇4月21日(火)12:15~12:45 無料オンラインセミナーやります◇
         タイトル 「FXにも使える最新CX術」
   普段の売買にすぐ活用できると思いますので、是非ご参加ください
         自宅で参加できるセミナー申し込み

分岐点・・?

金・白金が売られている。

日経平均も74円下げて8,768円。
ドル円98円半ばで1円ほどの円高、豪ドルは70円前半で1円以上下げた模様。

ドル円や豪ドル円はこれまで方向性は上向きだったが、ここで転換するのかどうかの分岐点・・・。

いろいろな材料が飛び出してくるので客観的な判断材料は移動平均で見るのが一番良い・・・。

短期売買のスイングなら分足が良い。為替なら240分足が実際のトレードには使い勝手が良い・・スイング・デイトレのテクニカルは移動平均の兄弟分と言われるMACDを採用していく・・・。

日足は分岐点、スイング・デイトレなら売り奨励、あとは買い転換のポイントだけ抑えておきたいところ。

とにかく株価為替は商品に重要であり、今が最も神経を張るときである・・・。

金売りは維持。コーン買いも維持だが、買いは注意しながら・・・。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報




資源通貨一服・・・9:00

NYダウが131ドル安。
欧州市場は、株高・非鉄相場高だったが、米国市場は弱気となった。

ドル円は98円台へ円高、豪ドルも昨日の朝方73円台から71円台前半へ売られている。

ドル円はちょうど25日平均線付近まで下げてきた。今日の日経平均も安ければ5日平均線が明確に下向きに変化となる。日経平均25日線までは500円ほどあるが目先はやや注意は必要だろう。

豪ドルは上昇中の25日線70円割れに注意が必要な形。
テクニカル的には転換の早いMACDが強弱攻防・・・デイトレ・スイング双方に使い勝手の良い240分足は売り継続中、ここに変化があるかどうか数日コメントしていきたい。

何故豪ドルに神経を使うかといえば、商品相場に密接に関係があるからである。

とりあえず昨日の金売りはもう少し狙ってみたい。

コーン買い玉は少し心配だが、維持して待ちたいところか。
大豆が株安でつれ安の後、一気に戻している。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報




株安・円高・・・18:30

 後場から株安・円高・・・。
ゴールドマンサックスの前倒し決算発表に、何かやらせ的な匂いが漂っていた。

もっとも、下げたのは日本市場だけで、それ以外のアジア勢は終盤プラス圏となった。
他のアジア勢は素直に好決算に反応ということか。

欧州時間に入りおおむね軟調に始まったが、現在の時間帯は上昇中である。

あとは米国がどうか・・・
GM・クライスラーがたたかれているが、今後の行方に注目が集まる。

少し前の、欧米売りの分、新興国に期待が寄せられるがこれも一過性との見方も根強い・・。
まだまだ悲観的なムードであり、だからこそ下げそうで下げないのかも・・・。

白金は分足の日計りか、オーバーナイトでも一日勝負が無難となりそう。

今日は金が25日平均線付近だったので、とりあえず金売り。

コーンは昨日の打診買いも、押しは覚悟する場面。と思ってもなかなか下げそうで下げない・・。

最近は豪ドルが気になる。昨年急落のマドも気になる・・・。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


「ストン」と下げて・・13:15

日経平均は高寄り後に100円以上下げてきた・・・・。

先週アルミ大手アルコアの決算が悪く株価が浮上したと思うが、今回のゴールドマンサックスは逆の変動。

むしろ悪いニュースの方があく抜けで買われやすいのだろう・・・。
良いニュースだと何か裏があるのではと考えるのかもしれない・・・。

ユーロも豪ドルもやれやれの売りで、クロス円全般に前場は売られている。
こうなれば再び新規の買いも狙える・・・。

金が下降中25日平均線付近なので、こちらはとりあえず売ってみる。

白金と大豆が「ストン」と下げてきた。どちらも昨日上げすぎだったのだろう。
これまでの変動を見る限り「ストン」と下げての売りは担がれやすいが、まだこの流れか・・。

買いにくいときに買って、売りにくいときに売るといった逆張りで・・・あとは移動平均の方向を見てどちらに張るか・・・。。

まとまりのない話でとりあえず・・。


         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


期待先行・・・8:50

ゴールドマンサックスの決算発表が一日前倒しとなっている。

立会い終了後だけに、今日のアジア市場にはプラス材料か。
好決算を先取りするかのようにユーロが買われている・・・リスク許容度の高まりである。

ドル安だが、クロス円の上昇で円高にもなりにくいようだ。

原油はドル安でも下げている。
一目均衡・基準線と25日平均線で支えられた形。雲がねじれている・・・何かしら変化があるのか。
何となくもちあっているところだが、資源通貨も買われ、急落押しなら買ってみたいが・・・もう少し・・。
金は逆に雲が上値抵抗、本日はそこまで到達、25日平均も50日平均も下向き、今週は売り場探しとしたいが・・。

大豆が高い。
もっともコーンは安く、新穀は少し高い程度・・・。
昨日は打診買いとなったが、どうなるか・・・。本格的な売り参戦は25日平均に変化が出てからでも遅くないだろう。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


全般に堅調・・19:30

後場から全般に買われていた。

特に白金と大豆である。
株価が目先底打ちのムードと、大豆は天候相場に対して万が一に対する売りにくいムード。

金は50日移動平均線にここ何日も支えられている形。25日線が下降中、もう少しで動き出すだろう。
25日線付近で売りたい・・・。

日経平均は9000円タッチで終盤売られた形・・・。

米財務省によるGMへの圧力もあった模様で、更なる改革を促したいところ・・・。

このGM問題しかり、原油のIEA月報の需要見通し大幅減少・・・これらの弱材料を吸収できるかどうか・・・。今晩のダウがどうか・・。

明日から米国市場はたくさんの四半期決算の発表を控える。
これも吸収する必要があるが、良ければ良いにこしたことはない。

暗いニュースから脱却してほしいと願う・・・と大勢の人が願う事で、4月いっぱいは上昇の流れでいけるところまでいってほしい。

楽観に思えて、実は疑心暗鬼・・・となれば過熱感もない?

来月は来月で、日本も3月期決算発表が始まり、それまではこの流れか。

あくまでもCFTC発表のファンド買い越しと取り組みが増加傾向の銘柄ということか。

白金、原油、穀物・・・
昼のコメント通り遂行なら、後場寄りでコーン打診買い成立・・。

豪ドルはどこまで上昇しきれるか・・・。
昨年10月初旬に珍しくマドを空けているが・・・このあたりを注目。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


上げて、下げての攻防戦・・・12:10

9:00の東京始まりと同時に「ストン」と下げていた。

何が下げていたかというと、日経平均・豪ドル・商品全般・・・・。
  
朝の通勤電車で為替をチェックしていたら、7:00の時報とほぼ同時に豪ドルが「ポン」と上げてきたので、復活祭で休場の中、資源通貨は更に上に行きたがっていると見た・・・。

そして東京が開く9:00ちょうどに一旦「ストン」と下げた形。

トヨタの2期連続赤字の報告で、豪ドル・日経平均もろもろ安く始まった。

そこから反転・・・。

3月期決算の暗雲が立ち込めたが、とりあえず決算発表も来月集中ということで、それまでは流れ重視で・・・・。
トヨタも前場は少し高い事だし・・・・。

白金がまた高い・・・分足を見ながら売った買ったがおもしろいか。日計りなら売りでも、買いでも有りだろう。
トレンドフォローならまだ上値余地十分か・・。

コーンも安寄り後高い。
日計り筋の買いと、それに対する売り向かいも散見されて、後場は少しだれる場面もあるかもしれないが、穀物の日計りにはなかなか勇気がいる・・・・。

今日も日経平均は9000円タッチで一旦売られているが、3度目の正直で打診買いも良い。

銘柄は、CFTC発表のヘッジファンドの買い越しと総取り組みが増加中の銘柄に絞りたい。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報





資源通貨堅調な始まり・・・8:45

シドニーが開き、豪ドルが少し買われての週明けとなっている。
先週末の株価堅調を引き継いでいるかも・・・。

週末のCFTC(米先物取引委員会)によるヘッジファンドの建玉明細の発表。
買い越しと総取り組み高が増加したのが、原油と穀物、白金・・・。

ドル円は円を少し売り越し、クロス円ではユーロを少し買い越し・・・ポンドは相変わらず大幅売り越しだが少しだけ買い戻しの模様・・。

株価堅調で、資源通貨豪ドルや原油関連が買われてきそう。

アジアの株価、特に上海総合指数の年初来高値更新が期待できる週かも・・。

日経平均も9000円攻防から、とりあえず1月につけた年初来高値がターゲッとなってきた・・・。

今週はコーンが22,310円上抜けたら勇気をもって買っていきたいと思う・・。

          ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


日経225とコモデティー・・・10:15

入電のない土曜は久しぶりだ・・・。

日経225のチャートを見ているところ。

移動平均25日線と75日線のゴールデンクロスが昨日で確認されている。
微笑ましい変化である。

日経は一般的に75日線が採用されるが、ちょうど1月7日の9340円の年初来高値がこの75日線でたたかれている。
当然のごとく75日線は下向き。

そのころに、コモデティーもCRB指数が戻り高値を出している。
最近はまずNYで原油が上抜けた・・・シカゴの穀物もあとわずかに迫っている。

そして日経225は、下降中の75日線が3月25日で上向きに変化、上昇に転じた25日線とともに、ほんの数円ずつ上昇し、そして昨日のゴールデンクロス・・・。

上がると決まって出てくる「実体経済云々・・・」の文言・・・これとの戦いである。

アメリカも来週は四半期決算との戦いだが、連休前に買われて終えると、週明けから弾みがつくことも。
たくさん決算が発表されるが、悪いものよりも良いものに反応すれば今月はおおむね期待して良いと思う。

まずはアジアに期待がかかるところ。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


また来週・・19:00

今日は何事もなく終えるだろうと思ったら、終盤貴金属、特に白金が力強い。
金はおとなしくなったが、銀やアルミも結構高い・・・。
穀物も原油も下げそうで下げない。一瞬5日移動平均を下抜けるが、すぐに切り返して5日線に乗っかる形。3月以降これが続く。

日経平均も引けで9,000円間際・・・。
景気関連銘柄とでもいおうか・・・。

少し期待したい動きである。
手仕舞うものは手仕舞ってまた来週ポジションづくりだろう。

今週は少し疲れたのでまた明日の朝、日光を浴びながらゆっくり考えたい。
欧米はイースター、復活祭あるいはグッドフライデーとも言うが、海外も連休に入るので。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報

とりあえず・・・12:40

欧米の連休前でやはりあまり動かず。

欧州は4連休、米国は3連休・・・。

とにかく中国や新興国の戻りと、LME非鉄相場の高騰に欧米市場が追随できるかどうか・・。
今のところまだ無理だろうというムードだが、日経平均もなんだかんだと9,000円攻防まできた。

まだ楽観ムードでもなさそうだが、その証拠にSPDRスパイダーゴールド金ETF残高が過去最高とのこと。

金は長期展望はともかく、ファンドの動向は下向きと思われ、綱引きの様相。
50日移動平均は2860円で日々5円ずつ上昇中。来週どちらかに決着がつくか・・・方向性に乗るときだが、再度売りで勝負してみたい。25日線はまだ2900円台。

穀物は小休止。【コーン売り・大豆買い】は手仕舞いとしたい。
サヤ20,000円にこだわっていたが、とりあえず需給報告も終わったし、このぐらいで良いだろう。
来週は押すか上っ放れたら、もう一度コーン買いでトライか。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報

連休前の期待・・8:55

ダウが8000ドル回復。

決算良好で、債券売り・長期金利上昇・・・ドルも買われている。

ユーロが対ドル・対円で売られても、クロス円は堅調、ドル円も堅調。

LME非鉄急騰、バルチック海運もそろって上昇となり、にわかに景気期待感が漂う。
無論まだ期待先行だが・・。


それを受けて金が少しだけ安い。つられて白金も昨日の時間外よりは安い。商社はどこかで売ってくるのか・・・まだ踏ませてくるのか・・・。
いずれは期近の高値因果玉(昨年高騰時)をねらってくるのかもしれないが、まずはこの上昇がどこまで続くのかとりあえず高見の見物で・・・。

穀物は需給報告は予想された通り期末在庫下方修正。

大豆は高値から出尽くしと連休前の手仕舞い模様・・。
年初来高値1046.50セントに迫る1030.75セントで上ひげを形成。
押しを暗示するが、逆にこの上ひげを抜けた時は強力である。一目均衡・先行スパンも陽転。
押しを待って、大豆が上っ放れたらコーンを買っていきたい。(大豆は乱高下が激しいので・・)

まだ作付け催促相場は終わっていないとみる。在庫率5.5%はきつそう。

とりあえず【コーン売り・大豆買い】はじれったいので本日手仕舞いとしたい。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報

全般に強い・・・19:20

金は動かず・・・やや蚊帳の外になってきたが、それなりに緊張感のある値位置である。

日経平均は321円高・・昨日から一転買われたことで、今日は金の出番はなかったようだ。

それにしても白金の上げが止まらない・・・。某商社や一部現物筋(投機かどうかは定かでない)が買っているが、某商社はいつもこの相場を先導している・・・・。
いずれどこかで反転していくのもいつか来た道である。それまでは強気でいくしかない。
どこかで売り場がくるが、それはいつか・・・。

とにかく大豆も強い。原油も夜間が高い。株が上がったからか・・・いずれにしても勢いのつきやすい銘柄。

コーンも昨日から一転、5日移動平均線に乗ってきた。
いつも下げそうで下げない・・・・2月以降いつもこうである。昨日は手仕舞い売りを誘導されたし。
団子状態のまま上げた感もあり、もし今回30円差で抜けなかった昨年10月戻り高値22,340円を上抜けたら、潜在的には一番強さを発揮するのかもしれない。

とりあえず抜けたら買うか・・・。
商社売りも、【シカゴ買い・東京売り】かもしれないし・・・売り方ファンドは今日も売っていたがどうなるか・・。

【コーン売り・大豆買い】がサヤ19,320円。目標20,000円まであと少し。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報




模様眺めと緊張感・・・11:40

模様眺めムードだ。

金は2,845円。
5日線が2,870円まで下げ、50日線が2,855円まで上昇。そろそろ交わる頃合いか。そのとき相場がどの位置にあるか緊張感が高まる・・・。
その前に戻れば売りたいが・・・。

今日は石油と穀物が高い。日経平均も高い。
これが今のはやりかもしれない・・・。

昨晩のLME非鉄相場はまた高いようだ。
前日の米アルミ大手の四半期決算は悪かったが、逆にアルミ相場は出遅れと判断されたのか連日買われている。
東京アルミも高い。(この銘柄は取組みが少ないので手を出すには慎重さが必要だろう。)
バルチック海運指数BDI(バラ積み)はまだ下落だが、鉄鉱の指標BCI(ケープサイズ)は2日ほど上昇。

つまり景気先行指標は出尽くし買いとなっている可能性がある。

昨日のコーンは誘導的に手仕舞い売りを敢行されてしまったが、次に備えたい。
5日線は再び上昇、しつこくまた新規買いとしたいが、さすがに欧米の連休前では勇気がいる。
大豆も今日買うには勇気がいるが、これで売りの手はなくなったと判断できる。

唯一【コーン売り・大豆買い】が復活してきた感もある。現在19,000円のサヤだが20,000円目標にこだわってみたい。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報



波乱なく・・8:50

思ったほどの波乱はなかった。

欧州株はおおむけ堅調、米国株式市場も波乱はなかったようだ・・・。
今晩は満月で、復活祭前の波乱に怯える人たちもいるかもしれない・・・。

金はやや蚊帳の外となり、それ以外の商品が上下に動き出してきた。

金は移動平均5日線、一目均衡・転換線・・・2900円付近の売りが良い。

原油が再び50ドル乗せ、大豆も10ドル乗せとなった。
シカゴ大豆は出来高増加に伴い、取組みも増加してきた。
年明けに10ドル突破したときは、出来高は増加しても取組みが減少で買い戻し中心だったが、今回は違うということである。

それにしても昨日コーン買玉は一旦手仕舞いとなったが、なかなか下げてくれない。
押し待ちだが、買わせず上げていってしまうのだろうか?
東京は昨日久しぶりに5日線が下向きとなったが一瞬かどうか見極めたい。
できれば相場が待っている間に、現在20,868円の25日線が追いつき、その後で相場が再上昇・・・そして拾うというイメージも良いかもしれない。そう都合よくいくはずもないのだが・・・。

【コーン売り・大豆買い】は何とかがんばれそうか。
シカゴ大豆は作付け増加期待から【期近買い・新穀売り】となり、コーン・大豆の新穀比価もまだ物足りず、もう少しねらっていく。


         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報



調整・・・19:00

結局本日は、金が買われ、株と金以外の商品が売られた格好・・。
昨年末以来良く見られた光景だが、はやりすたれのあるものだし、やや使い古された感が否めない。

金は上昇中の50日移動平均線2,850円、大引け2,851円。
25日線2,915円、5日線2,891円、共に下降中である。
25日線がもう少し下げて、相場がもう少し上げれば売るところか。

米国は週末【復活祭】だし、もう少し今日のような変動を待ちたい。

となれば、原油と穀物は押しを入れる場面か。

コーンの買いは本日5日移動平均線を下割れたことで手仕舞い売りとなったが、しぶとくまた買い場がやってきそうな気がする。
2月以降の上昇中何度か5日線割れはあったが、今回は昨年10月戻り高値付近からの下げであり、ここは押しを入れるところと判断する。
25日線は20,868円・・・大引けは21,380円。

そして25日線割れを拾う・・・・。
その時また考えるのが良いだろう・・・・。

しかし昨日はうかつに売れないと思ったが、売っていれば結構な利ざやが稼げたはずだが、なかなかそんな勇気もなかった。

そして【コーン売り・大豆買い】が目標まであと一歩で届かず。
それでも粘り強く玉維持で・・・・!

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報




昨日と同じ・・? 12:20

金は50日移動平均線で反発商状となっているようだ。

現在金の50日線は上昇中で2,850円(前引けは2,855円)、上から5日線と25日線が迫っている状況・・・5日線2,892円・25日線2,915円で共に下降中である。
そのあたりの売り場探しだろうか。

穀物も目先微妙な位置。
コーンの5日線は21,880円、前引けは21,800円。
一般大豆5日線は40,674円、前引けは40,530円。

上昇中の25日線まで、コーンは1,000円、一般大豆で2,000円ほどの開きがあり、大引けが5日線割れなら買玉一旦手仕舞いで、週末を待つのが良いだろう・・・。
週末の需給報告まで上昇なら良いところで手仕舞い売りと思ったが、週末まで上げて下げての押し目なら再び新規買いも考えられると思う。

為替もユーロ売り・ドル買いでドル高商状。
ユーロ円安からクロス円がつれ安、ドル円も100円そこそこ・・・何か昨日とおなじような前場である・・。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


米アルコア決算で・・・8:45

米アルミ大手アルコアの四半期(1-3月)の決算が予想より悪化、ダウが186ドル安。
米四半期決算発表の始まりである。

原油も50ドル割れ、穀物も急反落、金だけが上昇・・・。
金を買って、株と金以外の商品を売るといった懐かしい響きの変動だった。

只、アルコア決算も織り込み済みとなったのか株価は買戻し先行、昨晩のLME非鉄・鉄鋼価格も上昇に転じている。

新聞には「バルチック海運指数19日連続安」の記事・・・一昨日は大手商社のコーン・大豆ヘッジ売りとなる。

昨晩もバルチック海運指数BDI(バラ積み)は下落だが、石炭・鉄鋼指標となるケープサイズは上昇。
価格交渉難難航で海運指数が下落とのこと・・・裏を返せば交渉決定で上昇に転じるということだろう・・。
いつかきた道であり、今更弱気にもなれない。

目先は5日移動平均を注視し、金は高いときに新規売り、石油と穀物は安いときに新規買いとしたい。今日は様子見か・・。

コーン売り・大豆買いは維持。コーン買いも維持したいが5日線次第で・・。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


金の移動平均・・・19:15

結局金は、前場の安値2828円からは少し戻して引けている。
先月安値2824円付近からの戻りだった。同時に上昇中の50日移動平均線で支えられ買い戻しと打診買いも。
戻り待ちの戻り売りでいきたいところ。

IMF(国際通貨基金)金売却懸念も圧迫要因。昨年に決定した403トンが今回の金融サミットでほぼ現実的とのこと・・・。

織り込み済みとは思うが、それだけ弱材料に反応しやすいということか。
移動平均の下落基調がそれを物語っている・・・。

昨日までドル安でもリスク回避後退で売られ、今回は長期金利上昇=ドル高に素直に売られていることもその一環だろう。

穀物は大豆の行方に注目が集まる。
シカゴ大豆が10ドル達成と踏み一巡で下げに転じるのか、再び台乗せで天候先取りで一気に上値トライか・・・・。

どちらも正論になりそうだが、指標が売りに転じる前にうかつに売らないほうが良い・・。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報







金が正念場・・・

金が3/12安値となる2,824円に迫る2,828円が前場の安値。引けは2,848円。

50日移動平均線まで下げた形。同時に一目均衡表・雲の上壁に到達・・・崖の上にしがみついているように見えなくもない・・・。
ここでふんばらないと崖の下まで一気に転がり落ちる危険性を含んでいるかも・・・。
25日線は下降中、この50日線はまだ上昇傾向であり目先は買いの手もあるかもしれないが、何か指標が上向くまで値ごろ買いも怖く、戻り売りが無難だろう。

昨晩のNY金は50日線が今年初めて前日から下降線が確認され、しばらくは戻っても売られやすい。
ちなみに25日線が920ドル付近、昨晩の相場が871.50ドルとなる。

ドル安でもリスク回避後退で金が売られ、ドル高には素直に売られる展開となっている・・・。


穀物も安いが、金とは逆で移動平均線3本とも上昇中で売れない相場となっている。
方向性は上向きである。
注意は5日線を下抜けたときか、何かオシレーターが変化した時か。

今日はユーロが売られ、ドル高となっている。クロス円も売られ、ドル円も100円そこそこ・・・あくまでも100円台である。

    ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報



長期金利上昇・・・8:55

金が一目均衡表の雲を下抜けた・・・。
ダイヤモンドフォーメーション(ひし形もちあい)を形作っての雲下抜けとなり、このケースは断続的な戻り売りを暗示する・・・・。

 日米ともに国債売りで長期金利上昇・・・・。ドル高を連想させ、金が売られやすい環境ということだろう。
金ETF残高も少し減っていることだし・・・。

 米銀向けの資金供給【日米5中銀が協定】の記事があった。
さすがに協調という言葉には何かしら安心感が漂う・・・。
米官民共同の不良資産買取期限延長や、参加条件の緩和とのことで苦戦している模様・・・。

ECB理事は為替介入も辞さない発言も・・・。英中銀のポンド安容認に怒っての発言のよう。
英ポンドの踏み上げには注意したいところ。

 穀物は大豆が10ドル乗せの後やれやれのほぼ寄り引け同時線。
アイオワ・イリノイ州に降雪が確認されたが、積雪までは至らなかったとのこと。まだ序盤戦だが、万が一に備えて大きく売り込みにくい局面には変化ないと思われる。
コーン・大豆比価は、期近2.45、新穀2.09。コーン売り・大豆買いは継続し、コーン単品買いも継続としたいが、5日線割れに注意か・・・。

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


穀取②・・・・23:00

穀取に行ってきました。

結構満席でびっくりしたが、おおむね100人程度の参加人数だった。
穀物市場も活性化の季節となってきた。

17:00スタートだったが、着いたのが18:00頃で穀物のパネルデスカッションの最中だった。
年に何度か開催されているが、商社のリアルな意見が満載である。

チャートとネットによる情報を中心としている物としては、生の声を聞くことは良いことだと思う・・。

ところでこの時間は少し円高気味の様子。

NY市場は株も安く、為替市場も上げ一服・・・・ジョージソロスが米経済の回復はまだ期待できないとの発言をしたらしい・・・・今の戻りはベアマーケットラリーであるとのこと・・・。

そんなこと皆が思っていることなのに何をいまさらという感じだろうか・・・。
せっかくの戻りムードに水を差さないでくれといったところだろう・・・・。

空売りでも仕掛けているのかもしれない・・?

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報





穀取で・・・17:00

これから穀物商品取引所に行ってきます。

国際金融・株・為替・そして穀物の行方・・等・・・その分野にエキスパートの講演とのことです。

しかしもう始まっている様子・・・。

        ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


↓情報満載のプレミアムクラブ
Premium Club

ポンド円の高騰・・・11:30

 金の前場は安値2,875円で、先週の安値2,874円に迫ってきた。
目先の変動も、上値と下値が切り下がりつつあることから、当面売り圧力が高まりそう。

 ドル円が100円80銭、日経平均も200円高で9,000円に迫る勢いである。
週末CFTC(米商品先物取引委員会)発表のファンドポジションは、ドル円は円を少し売り越し継続だが、注目したいのがポンドの大幅売り越しである。
ポンド円は3月末の135円から現在150円まで円売り・ポンド買いとなっているが、このままだと踏み上げもあるかもしれない。
ここにもリスク回避後退の流れが見える。
となればクロス円の上昇はまだ続き、つられてドル円ももうしばらくは上昇傾向となるだろう。

 踏みといえば、穀物市場にも少しずつだが売り方ファンドの手仕舞いも。
大豆の時間外は10ドル乗せている模様。
只、需給報告を控え一気に手仕舞いとまではいかないと思われ、需給報告あたりまでがとりあえずの節目だろうか・・・。
コーン・大豆のサヤは前場で19,920円。20,000円超えまであと少し・・・。
単品コーン買いもオシレーターの上昇示唆となっている。


         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


↓情報満載のプレミアムクラブ
Premium Club



リスク許容度の高まり・・8:40

 ドル円が100円突破し、本日は朝から円売り商状だが、ユーロドルもしっかりで引き続きドルも売られている。
リスク許容度の高まりが顕著になってきたと思う。

 金は手仕舞い売りが一巡すると一旦の戻りはあると思われるが、3/12安値2824円下割れもあり得る。移動平均25日線が下降、50日線は上昇しているが、その50日線が週末で2837円。
一気に下抜ければ買いの手もあると思われるが、今のところは戻り売りで対応したいところ。
NY金は50日線を下割れながら、かろうじて上昇を維持しているが、早急に上昇に転じないと25日線同様50日線も売り転換となってしまう。このあたりを注目したい。
ガソリン買いを維持し、押したら再度新規買い、金は戻り待ちか・・。

 穀物は引き続き大豆の買いが旺盛である。
シカゴ大豆の一目均衡表は完全に買い転換、10ドル突破ならE計算算出で1119.50セントも中期的に可能と思える。
アルゼンチン政府による大豆生産高の引き下げ見通しが上昇要因となっているようだが、今週はその発表見通しに誤りがあり上方修正の可能性も指摘されているものの、大豆市場には需給逼迫懸念も根強い。
そのことから、期近18.50セント高、新穀7.75セント高となり、「期近買い・新穀売り」のスプレッドも散見される。
今週9日(木)にはUSDA(米農務省)による需給報告が控えるが、輸出が今のところ好調なため発表内容を先取りする可能性が高く、発表までは買いの流れと思う。

コーン・大豆比価(大豆÷コーン)は期近2.46倍、新穀2.12倍。コーン売り・大豆買いサヤ取りは継続し、コーンの買玉も維持したい。 

         ↓先物ブログ村クリックお願いします
         にほんブログ村


↓セミナー情報
セミナー情報


↓情報満載のプレミアムクラブ
Premium Club




««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。