スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウが安い・・・

ダウが年初来安値更新、7000ドル割れ寸前となっている。
急落で寄り付き、序盤に戻って一瞬プラスにタッチ、そして終盤は再び下落に転じる・・。
経済指標も悪いようだが、事前予想に比べて強弱まちまちの指標が連なっている。すでに織り込み済みとはいえシティの事実上国有化がよほどこたえたか。

米国債10年物チャートは最近踏ん張っているが、風前の灯火に見える。今年に入って質への逃避とリスク回避を繰り返すが、現在の価格を踏ん張れないと一気に値崩れする気がしてならない。
今のところ株安・債券安・・・トリプル安が最大の懸念材料か。
ドル高で金が買われてきたのもわからないでもない・・・。

大勢は原油と穀物は大底打ち・・・気が早いが桜の咲くころに向けて底確認が出来るだろうか?
ダウが6000ドル台に突入視野に、一手待ち・・・。

それまでは株の変動につられての攻防戦となる。短期は逆張り変動だが、相場がどちらを向いているのかに気を配りたい・・・・・。

↓先物ブログ村クリックお願いします
にほんブログ村

お知らせ
来週土曜に渋谷で相場勉強会を開催しますので覗いて見て下さい。
セミナーはこちら

プレミアムクラブはこちら
スポンサーサイト

強気転換・・・?

本日のコーン大引けは330円安の19,440円、一般大豆は390円安の35,290円。

 シカゴ軟調とドル円がやや修正したことも反落要因になったようだ。
昨晩のUSDA(米農務省)によるアウトルックフォーラムの発表はおおむね予想された範囲と受け止める。まだ流動的だが、来月末の作付け意向面積の発表まで比較対照の数字となるので頭に入れておきたい数字か。
コーンは減産・大豆は増産見通しとなり、大豆には圧迫要因となったようだ。
 
それにしても先週までの弱気のチャートとテクニカルが、今週は一気に転換した形。
本日昼過ぎに米政府によるシティの優先株から普通株への転換合意が伝わったが、反応はマチマチとなった。これまでの米政府の一連の行動を見る限り、グリーンニューディール政策に絡むコーンエタノール推奨もはやしたてられる意可能性も。先週の米農務省長官からのエタノール混合比率引き上げ案も現実味を帯び、これは昨日も指摘したことでもある。
理屈はどうあれ、今週のチャートに強さが織り込まれてきた以上は、弱材料よりも強材料に反応しやすいのはいうまでもない。(よほどの弱材料がでれば別だが・・・)
昨日のような連続マド空けでは買いにくい状況だったが、今日のような健全な押しが入ればまだ買えるチャンスはあるだろう。一昨日のマド(18,370円~18,950円)(黒丸)のマド埋めを想定しながらも、突っ込み買いに方針転換としたい。今月初旬のマド(赤丸)を埋めきれないとなれば、考えている以上に上昇圧力が強まる可能性もあり得る・・・。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村


コーンの攻防が続く・・・

本日の入電は、コーン1.75セント安の362.00セント、大豆8.75セント安の869.25セント。
○USDA(米農務省)発表の週間輸出成約高 コーン45万7000トン(事前予想60万~100万トン)
                             大豆34万7700トン(同35万~100万トン)
 
 USDA(米農務省)によるアウトルックフォーラムにて09~10年見通しが発表されている。コーンが8600万エーカー(2月12日時点8800万エーカー)とし前回予想から下方修正されたようだ。これを受け、原油高にもつられるように一時372.00セントまで買われたが大幅な下方修正にも至らず、なおかつ週間輸出成約高が思った以上に低迷したことから結局マイナス圏で引けている。
只、飼料需要は2%減少する一方、輸出見通しが6%増加、エタノール需要も14%増加としたことから期末在庫は減少予想となっている。大豆の作付け面積は7700万エーカー(2月12日時点7570万エーカー)と上方修正はしたがおおむね予想の範囲となった。
作付け見通しはまだ流動的であるが一応この数字は頭に入れておきたい。当面の間は強弱攻防と見る。

問題は国内市場である。円安にも支えられることが予想されながらも、一端は手仕舞い売りが出るものと思われる。しかし、昨日指摘したように一目均衡表は典型的な買いパターンに入り、内部要因にも力強い買い物が散見される。売り向かう考えは危険である。マドを空けて(ギャップ)いることで、直近のマド埋め19,170円、その後18,370円を視野に入れても、段階的に突っ込みを買っていく方針に転換したい。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

コーンが強い・・・

本日の東京コーンの大引けは600円高の19,770円。
高値は19,920円となり、1月7日の年初来高値20,110円に迫る場面も。

 ドル円が98円付近まで上昇。年初来高値付近だが、すでに期先3月限は昨日で一代高値は更新となっていることから、すでに踏みが誘われやすい一日だった。先週の試し売り玉は昨日手仕舞いとなったが、今回の上昇は円安の恩恵が強いとの判断で途転買いも躊躇される局面と思われた。結果的にはマドを空けて(ギャップ)、一気に買い気が強まった展開。
今晩26~27日にかけてUSDA(米農務省)によるアウトルックフォーラムにおいて、大豆増産が予想以上との観測が流れたこともコーン買いの一因となったようだ(作付け面積は27日に発表)。加えて、先週伝えられた米農務長官によるガソリンへのエタノール混入比率引き上げ案も、好材料で蒸し返される。いざ上げ出すと何もかもが強材料視されてくる・・・。
 
 テクニカルも強い。一目均衡表もこれまで弱気一辺倒だった遅行線が完全に好転し、基準線・転換線ともに三役好転となった。転換線も急上昇ながら相場はその上に位置し、典型的な強気相場である。20,110円を上抜ければ一気にN計算21,650円も視野に入る。
それでも買うのがまだ怖いのはなぜだろう・・・。値頃だろうか・・・?目先は角度のきつくなったトレンドの抵抗線が接近していること、高値20,110円に近いこと、本日アジア勢の株が売られたことが気がかりとなる。
大勢はともかく、目先は中立で構えてもう少し見極める時間が必要である。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村


ドル堅調・・・

商品市場も株式市場も堅調。

ドルが買われているのか・・・・円が売られているのか・・・・?

「ドル基軸通貨で一致」との日米首脳会談。

米国債が売られて金利が上昇・・国債利回り上昇がドル買いとの報道も・・・。

米国債売りのドル買い・・・・片方では米国債を買う日本の円が売られている。

今週は合計で総額1000億ドル近い米国債が発行される。

米政府によるシティーの株40%取得も合意が近いとのこと。
今晩21:00にGMの決算発表・・・。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村


シカゴコーン正念場・・・

本日の入電は、コーン9.50セント高の363.75セント、大豆3.00セント安の878.00セント。

 前日の東京コーンは高値18,950円を上抜けたことで売り玉は一旦手仕舞いとなった。

 シカゴ入電は、コーンが高く、大豆が安い。序盤は前日のしっかり感を引き継ぎ双方とも買われていたが、NYダウの下落から一転マイナス圏まで売られた後に戻したものの、結局大豆だけがプラスサイドまでは戻りきれなかった。
今晩から2日間、USDA(米農務省)によるアウトルックフォーラムが開催され、今春の作付け面積の見通しが発表される。現時点では、08~09年の在庫率が一ケタ台と少ない大豆の増産が予想されている。このあたりが、本日の入電に織り込んでいたのかもしれない。
きっかけはどうあれコーンがやや強含みとなり、売り方にとっては予断を許さない状況だろう。まずは中立で見極めたいところ。

 相場は一目均衡表の転換線を上抜け、基準線374.50セントで上ヒゲをつけた形。雲の下限(先行スパンB)は維持している。
遅行線を参考にすると、ちょうど基本数値26本で一旦の底は打ち、ストキャスティクスも反転のままである。ここまでの下降トレンドの抵抗線を抜くことが出来るかどうかが、底打ちかどうかの判断となろう。やはりここは中立で見極めるところか。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

 本日は貴金属が高く、それ以外の商品が安くなっている。

 都合により、詳細は明朝に・・・・。

  ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村


米大統領 議会演説・・・・

 オバマ米大統領の議会演説の内容が報道されている・・・。就任1年目で通常の一般教書にあたるもの・・・。

 「アメリカは回復する」 「大胆かつ懸命に行動するべき」 「国民の団結を強調」 「野党・共和党の協力要請」・・・等、米国再生に向けたメッセージとなった模様。

 株式市場はアジア勢は高寄り後少し軟調、為替市場は朝方からは大きな反応はない・・・・・。

 商品市場は貴金属が少し安く、他は高い・・・・。

 このまま底打ちかどうか・・・。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

バーナンキ発言で反発・・・・

本日の入電は、コーンが2.50セント高の354.25セント・大豆が8.25セント高の881.00セント。

 穀物市場は独自要因に乏しい中、本日はNYダウの急反発につれ高となったようだ。
バーナンキFRB(米連邦準備理事会)議長による議会証言に注目が集まった模様。内容は、条件つきではあるが現在の景気後退は09年中に脱却、翌10年からは回復との発言があった。3時間半にわたる長丁場だったようだが、これまでとはややニュアンスが違い「はっきり回復」と発言したことにより、まずダウが236ドル高と反応。ドル円も97円付近まで円安ドル高が進行した。ユーロやポンドも対円で先月1月以来の高値となり、豪ドル含むクロス円も全面高。前日までのドル独歩高が、本日は円独歩安商状となっている。
無論バーナンキ発言も、あくまでも景気対策の効果と金融安定化が条件となりまだ流動的ではあるが・・・。
 何はともあれ昨晩は一転リスク回避の後退により、最近までの変動に逆回転が起きたものと思われる。
 問題はこのまま一気に底打ちとなるのかどうか・・・。

 コーンは売り方にとっての注意点となるテクニカル指標に注視していきたい。ストキャスティクスが昨日ゴールデンクロスとなり、本日の市場ムードから換算以上に買われる可能性もあり。
その場合のポイントは高値となる18,950円。ここを上抜けるようなら売り玉一端手仕舞いとしたい。
ただし、シカゴの反応が今ひとつであり、昨晩のBDI(バルチック海運指数)も下落、最近の株式市場における期待と失望が続く展開もまだ否定できず、これで底打ちとの見方は時期尚早とみる。
本日の換算は、コーン350円高、大豆790円高。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

反発・・・

本日の東京コーンの大引けは300円高の18,370円。

 前場寄り付きは100円安だったが、その後は円安ドル高を眺めた買いが先行したようだ。
シカゴ時間外はやや軟調となっていたが、ドル円の95円台への上昇が勝った形。期近150円高・期先300円高に見られるように、期先への商社の買いも散見された。シカゴの下降トレンドに対して国内は一応上昇トレンドは維持し、この温度差が円安の恩恵ということだろう。為替動向は無視できない要因となるが、最近のドル独歩高も消去法的な色合いが強いと思われる。しかも先週のディリーレポート同様、BDI(バルチック海運指数)の上昇ほど実際の海上運賃が上昇していないことから、採算価格ではすでに円安以上に上ザヤを買われている計算・・・。

 ドル円の上昇ほど株式市場の上昇も見えず、アジア勢の株式市場も本日は軟調地合いとなっている。

 テクニカル指標としてはオシレーターの反転注意といったところ。ストキャスティクスは%Dが上昇し、下向きのslow%Dとゴールデンクロス。slow%Dの上向き変化が戻り示唆となるが、前回、前々回同様に3度目のゴールデンクロス(赤丸)となる。どこまで戻りきれるか・・・。
一目均衡表は転換線をわずかに上抜けた。遅行線は明日ローソク足の上ひげ(18,510円)に迫る展開(青丸)。明後日が重要に思える。
売り方針は維持しつつ、目先はこのあたりの指標に注目してみたいと思う。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

 

  ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村


上値が重い・・・

 本日の入電は、コーン1.50セント高の351.75セント・大豆10.25セント高の872.75セント。
○USDA(米農務省)発表の週間輸出検証高 コーン2638万6000Bu(事前予想2800万~3500万Bu)

 前日の時間外の上昇を引き継ぎ、コーンで一時9.50セント高・大豆は32.00セント高となった。NYダウの急落を眺めながら終盤急速に値を消している。マイナス圏もあったが、かろうじてプラス圏で引けた形。
とにかく株式市場が弱い・・・。前日の追加支援発表となったシティは買われたようだが、ダウは250ドル安の急落で7,000ドル割れも視野に入ってきた。AIGも政府に対して追加支援を要請との報・・・きりがない。株と金以外の商品がリスク回避で売られている以上、穀物市場も戻りは売られやすい地合いとなったようだ。前日欧州時間で急反発となったユーロや欧州株も終盤から値を消し、つれてBDI(バルチック海運指数)も再び下落に転じている。
チャートは昨日のディリーレポートの指摘通り、一目均衡表の雲の下限・転換線が戻りの節目となり日柄からみても早い段階でここを明確に上抜けなければ、再びじり安傾向は避けられない展開か。
ストキャスティクスの反転により戻りは引き続き注意だが、売り方針は維持としたい。

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

攻防・・・

本日の東京コーンの大引けは50円安の18,070円。
前場寄り付きは200円安、その後はシカゴ時間外の堅調を眺めて下げ渋り商状から買戻しの場面も見られた。ややリスク回避後退の空気が流れたように感じられる・・・

 米政府から発表された「シティの普通株最大40%取得」のニュースで、前場はリスク回避後退ムードとなったが、大きな反応はなかったように思える。しかし、欧州時間に入り、朝方伝わった「ユーロ圏が加盟国の支援に乗り出した」とのニュースに反応し、ユーロドルが1.30ドル台付近まで戻している。それに伴いクロス円、ドル円とも買われ、日経平均以外、アジア勢の株価も終盤堅調さを示しているようだ。

 穀物市場へも何がしかの影響は見ておきたいところ。売り方針は維持とするが、目先の戻りも視野に入れる必要はあるかもしれない。

今週の注目材料は、26~27日の米農務省によるアウトルックフォーラム(農産物展望会議)。作付け面積の見通しも注視したい

ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

金高、他は安い・・・。

 前場の主要商品は 金7円高 ガソリン680円安 コーン170円安 大豆830円安となった。

 日経平均は200円ほど下げた後は、ほぼ変わらず付近。米政府よりシティグループへ出資拡大の報・・・。

 為替市場は、ユーロが対ドルでさらに買われ、ユーロ円も高い。つれてクロス円も高いが、ドル円は反応せず。ドルが売られ、円もやや売られた前場・・・。

 穀物の詳細を夕方に更新予定です。その他銘柄も、ディリーレポートで・・・・。

 
ディリーレポートの入り口

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

シカゴ軟調・・・

 週末の入電は、コーンが3.00セント安の350.25セント、大豆が22.00セント安の862.50セント。
○ USDA(米農務省)発表の週間輸出成約高 コーン133万2300トン(事前予想80万~120万トン)
○ CFTC(米商品先物取引委員会)発表の2/17までの建玉明細(先物取引・大口投機玉)
      コーン 1,080枚買い越し(前週22,431枚) 

 シカゴコーンは週間輸出成約高の好調や、金の1,000ドル突破を眺めて序盤は1.50セント高まで買われる場面もあったがその後はダウの大幅安につれ安となり、結局は陰線引けのマイナス圏となった。 週間輸出成約高は、これで5週連続100万トン超えとなり、今回も事前予想を大幅に上回ったが、先週序盤までこれに反応した買いは鳴りを潜めている・・・。ヘッジファンドのポジションも買い越しがほぼイーブンとなり、軟調地合いに備えているかのよう。 これで61.8%押し達成となったが、大豆がそれ以上に下げていることから、ここでの下げ止まり感は今のところ見えてこない。

  お知らせ
平日は朝晩のディリーレポートを更新していくので、是非覗いてみてください。4人で銘柄ごとに作成していますので・・・・。慣れない仕事も皆でがんばっていますよ・・・。ブログも随時更新予定です。
 
↓Puremium Clubディリーレポートはこちらから
ディリーレポート

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

リスク回避・・・

金がついに1,000ドル突破!米国債も買われている。

売られたのはリスク回避でドルとダウ。商品も貴金属以外安い。一部に、米銀行国有化を示唆する発言が出た模様。

ドルスイスで売られて、つれて対ユーロでも売られたとの報。
先月からリスク回避で売られた米国債は、最近は質への逃避で買われている。

いったいドルや米国債は、「質への逃避」なのか「リスク回避」なのか、どっちなのだろう・・・?
「金と米国債買い」・・・「株と金以外の商品売り」が今のブーム?

ところで、穀物も安いが特に大豆が・・・。コーンは昨晩下ひげつけているが、来週月曜はこのあたりを分析していこうと思う・・・。

日経新聞一面トップは、米国グリーンニューディール政策、国際欄には金の記事が大々的に!

 お知らせ
平日は朝晩のディリーレポートを更新していくので、是非覗いてみてください。4人で銘柄ごとに作成していますので・・・・。慣れない仕事も皆でがんばっていますよ・・・。ブログも随時更新予定です。
 
↓Puremium Clubディリーレポートはこちらから
ディリーレポート

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

ブログの更新・・

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

この度「HSフューチャーズ㈱」にて、「Premium Club」という新しい情報サービスをスタートしました。私もこのブログの延長で、穀物の相場観を、ファンダメンタルズとチャートから分析した情報を提供させていただくことになりましたので、是非皆様の「Premium Club」への入場をお待ちしております。3月まではお試し期間となります。ブログも随時更新していきます。

↓Puremium Clubディリーレポートはこちらから↓
ディリーレポート

↓先物ブログ村もよろしくお願いします
にほんブログ村

渡辺の畑のブログ内容を少々変更します。コメントはおおまかにしていきますが、毎日朝の寄り付き前と、大引け後に、ディリーレポートを作成していきます。ファンダメンタルズとチャート双方から分析していきますので、下記のディリーレポートからご覧ください。


↓先物ブログ村もよろしくお願いします。
にほんブログ村

↓詳しい相場観はこちらのディリーレポートへ
ディリーレポート

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。